正しい水の飲み方を知って便秘を解消しよう!

《便秘解消,水,生命の乳酸菌》

便秘解消のためには、水を飲むことも大切です。睡眠中でも人は2リットル前後の水分を失うため、毎日2リットルの水を飲むことが理想的です。

水分が不足すると、大腸に影響を及ぼします、大腸で水分が吸収されて残ったものが便となり排泄されます。排便時に水分が少なくなってしまうと、排便のために必要な水分まで便から奪ってしまい、硬く、排便がしにくい状態になってしまい、便秘を悪化させてしまいます。

便秘になるとさらに便の水分を奪い、便秘の悪循環となってしまいます。また、腸の中が水分で潤っていた方が便の排出をよりしやすくなります。水分は腸にとってとても大事なものです。

便秘解消のために水を飲む方法とは、朝に冷たい水を1杯飲むことで効果を期待することができます。朝に冷たい水を飲むと、胃腸反射という睡眠中に休んでいた胃や腸を冷たい水で強い刺激を発信して、便意も強くおきやすくなります。

さらに、便秘解消には、乳酸菌も効果的です。しかし、腸まで生きた乳酸菌を届ける必要がありますが、普通の乳酸菌は熱や胃酸に弱いため、大半が腸まで届く前に死滅してしまいます。腸まで届く乳酸菌という点では、熱と胃酸に負けない『生命の乳酸菌』が最有力でしょう。確実に生きた乳酸菌を腸まで届けることができるので、便秘解消には即効性があります。